全ての住宅に火災報知器の設置が義務付けられます!

スポンサードリンク
消防法改正
消防法の改正により、
平成18年6月1日から新築、既存問わず、全ての住宅に火災報知器の設置が義務付けられました。


この設置義務化に伴って、巧妙な悪質販売などのトラブル増加が予想されます。

火災警報器の設置には、条例により、設置場所、設置義務期間などが定められています。今すぐに付けないと罰せられる、ということはありません!

このサイトでは、不適切な訪問販売などに騙されないために、住宅用火災警報器の設置について、正しい知識を持っていただくことを目的としています。

大切な家族の命と家を火災から守るためには、火災を早期に発見することが、一番重要です。
このサイトが皆さまのお役に立てれば、と願っています。


■INDEX ご興味のある記事からどうぞ!■

火災警報器設置の知識_項目一覧
なぜ住宅に火災報知器が必要?
     ├住宅用に火災報知器が必要な訳
     └米国での実績
住宅用の火災報知器ってどんなもの?
     ├こんな形をしています 
     └こんな種類があります
火災報知器はどの部屋につければいいの?
     ├寝室とそれにつながる階段に設置
     └台所へも設置が義務付けられている自治体も
取り付ける位置についての決まりは?
     ├天井に設置する場合
     └壁に設置する場合
設置期間についての決まりは?
     ├今すぐ付けないといけない?
     └設置満了期間について
付けないと罰則はあるの?
     ├罰則はありません
     └ご注意
各都市の設置場所・適応日一覧
      └お住まいの地区をチェック!
不適切な訪問販売にご注意
     ├こんなトークにご注意!
     └火災報知器の設置を他者に依頼する場合の注意点
クーリングオフについて
     ├クーリングオフの仕方は?
     └クーリングオフはいつまでできる?
火災報知器購入の際の目安は?
     ├「NS」マーク付きが安心(粗悪品にご注意!)
     └電池寿命も確認


ページのトップへ▲



⇒「なぜ住宅に火災報知器が必要」へ




posted by 住宅用火災報知器設置の知識 管理人 | はじめに
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。