住宅用火災報知器どんなものを買ったらいいの?

スポンサードリンク
1.「NSマーク」付きが安心です!

火災報知器に日本消防検定協会の鑑定マーク(NSマーク)のついたものを推奨します。
NSマーク

NSマークは、国の技術基準に適合し、日本消防検定協会の審査に合格した製品に付いているマークです。



*日本消防検定協会とは
消防用機械器具等の性能を確保するため、総務大臣監督のもと、検定業務等を行っている公的機関です。



2.電池寿命がどれくらいか?

電池式タイプは電池寿命がどれくらいかも確認しておく必要があります。
電池寿命



ホームセンターなどで購入できるものはだいたいが電池寿命が1年又は2年のタイプです。

定期的に電池を交換する必要があります。

電池切れを警報音等で知らせてくれます。 電池には9V形と単3形があります。





電池寿命が7年又は10年といった長寿命のタイプはリチウム電池を使用しています。

リチウム電池タイプは長期間メンテナンス不要ですが、電池寿命がきたら本体ごと交換する必要があります。

次項有取り付けも簡単なおすすめ火災警報器はこちら
(煙式・熱式どちらも揃っています)

ページのトップへ▲



「住宅用火災報知器設置の知識」
トップページに戻る

posted by 住宅用火災報知器設置の知識 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火災警報器の購入目安は?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。