住宅用火災報知器を取り付ける位置についての注意

スポンサードリンク
住宅用火災報知器を取り付ける位置についても注意事項が定められています。

せっかく取り付ける火災報知器の感度を高めるためにも、また誤動作をさせないためにも、次の点を確認して取り付けましょう。



【天井に設置する場合の位置】

@警報器の中心を壁から0.6m以上離して取り付けます。(熱を感知するものは0.4m以上離して取り付けます)

A梁などがある場合は、梁から0.6m以上離して取り付けます。(熱を感知するものは0.4m以上離して取り付けます)

住宅用火災警報器取り付け位置の注意



Bエアコンなどの吹き出し口がある場合は、吹き出し口から1.5m以上離して取り付けます。

住宅用火災警報器取り付け位置の注意





【壁に設置する場合の位置】

警報器の中心が天井から0.15〜0.5mの位置に取り付けます。

住宅用火災警報器_壁取り付け位置の注意



設置基準の詳細は市町村条例によって定められますので、住宅用火災報知器を設置の際は、必ずお住まいの所轄消防署でご確認ください。

次項有取り付けも簡単なおすすめ火災警報器はこちら
(煙式・熱式どちらも揃っています)

ページのトップへ▲



⇒「設置期間について」へ



「住宅用火災報知器設置の知識」
トップページに戻る

posted by 住宅用火災報知器設置の知識 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 取り付ける位置についても決まりがあるの?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。